2018年5月2日水曜日

地元有力企業、今後の戦略。

本日付・地元紙にキョーエイ赤字転落・ニホンフラ増収増益という対照的な記事が掲載されていました。
スーパー業界の熾烈な競合は皆さんも知っての通り、次々と脱落企業を排出しております厳しい業界です。

そこにきて、イオンモール・ハローズ・夢タウンリニューアルと県外中堅・大手企業と戦わなければならず、なんとも厳しい。

対照的にニホンフラッシュは、中国での売上を順調に伸ばして成功を納めています。

徳島という小さな市場に中堅や大手が入ってきている現状で彼らの仕入れ力からしてまともに戦っていても難しいのではないでしょうか。

イオングループ自体が過酷な価格競争のため、スーパー部門では利益が出ず、不動産いわゆる店舗賃料で利益を出している訳ですから、今後さらに価格競争が厳しくなっていくんでしょう。

ニホンフラのように市場が拡大している地域に積極的に投資するか、地元対応なら大手と違う戦術で存在感を出していくか・・・

経営層の計画次第で結果が大きく分かれる時代、ある意味本物の経営者が求められる市場になったんですよね。