2018年2月15日木曜日

住まいの耐震博覧会へ。

明日から3日間、東京ビッグサイトで開催される日本最大級の木材展示会に行ってきます。

主催・株式会社ナイス、後援・林野庁ということで官僚のえらい方々も参加しています。
私が注目しているのが、こちら・・・

京都大学・五十田教授の講演~熊本地震から学んで欲しいこと。
「実は簡単、建物を強くする方法」です。
 
熊本地震のあと、いろんな識者が現地で調査し今までと違うことが解ってきました。
ただただ耐震等級を上げても崩壊したり、少し古い住宅でも損傷が少なかったりするケースがあり、耐震について見直され始めました。
 
その一つに、計算だけの強さだけではなく、上下四方のバランスが重要なことが判明しました。
 
全体で強くてもバランスが悪くどこか弱い場所があると揺れ具合が変わるようです。
そういった最新の考え方を学んできます。
 
その他も企画満載のようで、楽しみです~

2018年2月14日水曜日

大林組の創業家。

いわゆるリニア談合で揺れております大手ゼネコン4社のうち、さっさと自主申告した大林組が新体制を築くというじゃない。
地元紙には・・・
大林会長は留任と出ています。
創業家を残してグループをまとめる求心力になってもらうとありますが・・・

ほんまでっか~

ココは一つ、この大きな談合事件を題材に池井戸潤氏に書いてもらいたい。
絶対面白いと思う。

戦後続いてきた談合文化と創業家の絡み。
「鉄の骨」に続く、談合シリーズ第二段。
前作を遥かに超えるスケールと闇を描き切った問題作・・・

売れると思う~

新米役だった小池鉄平氏を中堅に据えて、創業家に評議委員会のボスI氏を起用したらどうだろ(笑)

2018年2月13日火曜日

オリンピックに水差す、応援。

IOC会長のたくらみで参加した北朝鮮、あの応援・・・
いりますか???
幼稚でホントに応援しているとは思えないですよね。

競技の後、IOC会長は韓国大統領と一緒に北朝鮮に行くそうだが、支援金持っていくんでしょ。
そこから、恩恵をあずかろうというのではないでしょうか。
経済制裁が効いてくるとこれだから永遠に崩壊はしない。

日本もボツボツメダルを獲得し始めたし、特に女子ホッケーなどは凄く楽しめました~なのに・・・
フィギュアやスノボーなどで水差す北朝鮮応援レベルのアナウンサーを知っていますか。
「決めたっ」のアナウンサー・・・あれもいりますか???

オリンピック・アスリート・フロム・ロシアでOAR。
もうロシアでいいだろ。
プーチンはこのところずっと攻撃され、2日前にも旅客機が墜落しました。

アスリートたちの素晴らしい競技に水差す数々のしくみ。

だいたい、ジャンプもあんな時間にする???
テレビの放映権がらみらしいが、完全なビジネスと政治利用の祭典になりつつあるよね。

IOCの本部はスイス。
そもそも、あやしいお話しはいつもスイスかベルギーブリュッセルでないですかねー。

とかなんとか言いながら、アスリートたちには感動させられ応援している日々であります。

2018年2月12日月曜日

こんな日は、ガレージハウス。

朝起きると、まぁまぁ積雪していましたね~
その後、晴れ間も出てきて、そろそろ出かけようと思って向かいの道路を見ました。

9時ごろには、道路はほとんど解けていました。
しかし、車は・・・
この通り、出かける時に雪おろしがまだ必要な状態です。
フロントガラスだけ、きれいにして走っている車を見かけますが、あちらこちらに雪をまき散らしています。

こんな時、ガレージハウスなら大丈夫ですよ~

2018年2月11日日曜日

これがチャンピョン、メドベージェワ。

フィギュアスケート団体の女子SPを見ていました。
個人出場となってしまったロシアのメドベージェワ選手。

完璧で無理なく、安心して見られる数少ない選手~
素晴らしかったですね。

IOCのやり方には、前から疑問があって今回のこの措置も政治的な意図が見え隠れ・・・

それらを完璧な演技で吹き飛ばしてくれました。
完璧なチャンピョンです。

真央ちゃんの演技には、哀愁がありました。
ソチでのフリーの演技は、何度見てもグッとくる言葉にならない感情で満たされましたが、メドベージェワ選手にも哀愁があります。

ソチで金メダルだったロシア代表のソツニコア選手が、この時の真央の演技は何度見ても泣いてしまうと絶賛していました。
点数には表せない世界一の演技力だと評価していました。

演技力と技術力、両方兼ね備えたメドベージェワ選手。
良く参加してくれました。
彼女がいないフィギュアスケート競技は、現在では考えられないです。

2018年2月9日金曜日

心配です、大塚親子。

本日の徳島新聞に大塚家具2年連続の赤字・・・しかも赤字幅を増やして72億円とありました。
驚いたのは、久美子社長のコメント。
「ブランドイメージが揺れ動いたせいで店舗の売り上げが減った。売り場面積縮小や閉店などを進めて黒字化を目指す」

3年もなるのに、ブランドイメージが動いたとか、まだ言ってるのって感じです。
これが、エリート社長ですか、閉店を進めて黒字化???

はいっ、誰に言われてそんなことしてんだろう。
そもそも、実の父親が苦労して築き上げた会社を乗っ取るときから、私はどうも・・・
才能があるなら、エリートならこそ裸一貫からやれーって感じです。

父親の持ち株が多く、久美子社長の持ち株はしれていました。
なのに、株主総会で勝ってしまう。
つまり、物言う株主の操り人形ではないかと心配していましたが、このコメントを見てさらに疑念が。

ざんねん、このまま閉店・縮小を進めていくと、最終的に責任を取らされて、会社から放り出されはしまいか・・・

あとに残った株主は、完全な「いいとこどり」をするのではないでしょうか。保有資産を我が物にして現金化してどこかへ行ってしまうのではないでしょうか。

そもそも、そもそも父親が経営していた時から、売り上げが減少し、長女に託したが上手くいかなかったから、もう一度父親が出てきたという経緯から言って、高級路線も中級路線にしても低価格化する業界にあって、どちらも厳しい訳です。

お父さんの、匠も苦しそう・・・

再生⇒成功するには、久美子社長は早く現実に気づいて、もう一度父とタッグを組んでいくしかないように思えます。
親子なんだから、なんとかならないですかねー。

物言う株主が動き出してからでは遅いですぞ・・・

2018年2月8日木曜日

30mの避難路。

SKIP HOUSE 2F建て 共同住宅の場合、避難路に規制があります。長屋のように全戸玄関が道路側にある場合は必要ありません。

SKIP HOUSEの場合は、10戸以上の計画には注意が必要です。
こちら・・・
このように測ります。
2Fの一番奥の部屋の一番奥から、玄関を出て共用階段の降り口までが30m以内でなければなりません。

30m以上になりますと、反対側にも共用階段を設けるか、真ん中に階段を計画し直すかということになります。

敷地の条件によっては、真ん中に共用階段を計画して角部屋を増やす方が両サイドに共用階段を設けるより、前向きな計画になると思いますね。

2018年2月7日水曜日

憲法9条と平和の関係性。

地元紙に憲法9条の現文と改正文が掲載されていました。
現文の内容からすると、現在は完全な違憲状態にあるのは明らかですよね。

しかし、戦後70年以上この違憲状態でやってきたわけで、今更自衛隊を国防軍と言い直す必要性は感じませんね。

自衛隊を軍隊ではないと言い張る連中もいますが、世界中の笑いものになるだけです。
完全な軍隊です。

軍隊では、少佐⇒中佐⇒大佐と呼びますが、自衛隊では一佐⇒二佐⇒三佐と呼ぶ滑稽な言葉遊びの騙し合戦な訳です。

このおかしなところを安倍総理はなんとかしたいと言っているようですが、本心は祖父・岸元総理や大叔父・佐藤元総理のように明確な足跡を刻みたいのではないでしょうか。

岸元総理は「日米安保」を確立し、佐藤元総理は沖縄返還、という明確な功績がありますからね。
そもそも、この一族系は米国との関係が緊密なんですね。

地元紙において、徳島市民が憲法9条があったおかげで戦争をせずにすんだんだとのご意見がありましたが、これは違うと思いますね。

現に違憲状態だしイラクにも派遣されたし・・・
9条を守り抜くなどと連呼する野党がいますが、今守れてないのになにいっとんだって感じですけど。

日本が戦争に巻き込まれなかったのは、米国のいいなりだからです。これは明らかですよ。
今から、PAC3に加えイージスオショアやら最新戦闘機やら米国から言い値で買っていきます。
その間は平和が続く・・・

そもそも沖縄返還には密約が噂されているし、地位協定をみれば日本政府が手も足も出せない状態での返還だったことも明らか。
沖縄本島のきれいな海岸には米軍基地があります。

中曽根元総理時代には、原発事業を加速させて米国のお気に入りになり、しまいには日本は東アジアにおける米軍の不沈空母であるなどと本心を言ってしまい、物議を起こしていました。

日本は、米国の言いなりになる変わりに平和を手に入れたと言ってもいいでしょう。
憲法9条の改正文に内閣総理大臣の指揮の元と国防軍を位置付けていますが、現自衛隊も総理官邸の指揮下にはありません。

衛星レーダー等、米軍からの情報がないと成り立たない組織にされています。指揮するのは、総理官邸でも防衛大臣でもなく、肝心な時はホワイトハウスです。

米国においても、米軍を指揮するのはペンタゴン(国防総省)ではなく、ホワイトハウス米国政府ということになります。

このホワイトハウスにあーだこーだというのが、FRBや経済界を牛耳っている金融業やロックフェラーなどの資産家というか実業家というか、そういういくつかのグループのマネーによって大統領は生み出されている訳なんですね。

つまり、この牛耳っているグループから日本は高い武器を買っている。買っている間は、平和が続く・・・

日本国内で原発廃止に向けた運動が広がってしまって、収縮の方向になってしまった。これで大儲けしていたグループはおもしろくないですよね。
その後、東芝が米国で貶められたこととは無関係でないように思えます。
トランプ大統領もこの連中にあーだこーだ言われているでしょうね~

つまり、個人の手柄のために憲法改正しても意味はない・・・
もし、米国が言っているのだとしたら、怖いことです。

2018年2月6日火曜日

遠藤市長に期待。

阿波踊りの累積赤字解消に向けて、遠藤市長が動いております。
徳島市観光協会と対立しながらも行政権限の範疇で会計を調べたところ、不適正な会計処理がみつかり、このままでは事業継続困難であると調査団がこの度報告したというもの・・・
やっぱしな~という感想。
あれだけ人が集って赤字はないだろう~

当初から観光協会は市側に協力的ではなかったので、何かあると思っておりましたが、やりますな~遠藤市長。
今後、解体して再出発⇒赤字解消⇒借金返済といきたいところですよね。

こういった団体と対峙するのは骨が折れるでしょうね。
遠藤市長には、期待したいところです。

西新町の再開発に至っては、何も悪くない地域の方々もおいでるでしょうから、その辺の配慮も今後期待したい。
それから、こちら・・・
徳島駅周辺のまちづくり計画ですが、いつの間にか同じように逸脱した莫大な予算にならないよう気を付けてほしいものです。

2018年2月5日月曜日

開票と同時に当確のスキップハウス。

私が大家のスキップハウス第一号は、2016年の2月に竣工しました。徳島大学生オンリーで、管理は徳島大学生協さんにお願いしております。

徳島大学生協では、毎年2月最初の土日~3月末まで徳島大学内に特設会場を設けて、お部屋探しの学生に賃貸物件の募集をしています。

私の徳大生向け物件は、住吉1丁目に2棟。
SKIP HOUSE SEAL と PIT HOUSE MOLE で全18戸。

3年目の今年一人退室することになりました。
一年生で入居された方ですが、これからは県西から自家用車で通いたいとのことでした。

2018年は2月3日・土曜日から入居募集が始まったのですが、開設と同時に即決まり、一番最初に満室マークがつきました。
人気の高さが窺えませんかねー

しかも、1Fの真ん中・・・専有面積27㎡ですよ。
スキップハウスは、1Fもつよいんです~
徳島大学生協さんのホームページには、現在募集中の物件のみが出ます。募集戸数も出ていてフェアが進んでいくと、その募集戸数が徐々に減っていきます。

満室になった段階で「満室」マークがつきます。
去年から満室で募集がない物件は最初からホームページ上には出ていません。

初日ホームページを覗いたところ・・・
既に「満室」マーク。
ありがとうございます~

2018年2月3日土曜日

ユーザーレビュー3。

納車後、1か月が経ちました、440iクーペ。
このスイッチを見てください。
シフトの横にあるエンジンの出力モード切替スイッチです。
普段は、「コンフォート」というモードになっていて下にするとエコモードになり、アクセルワークが鈍感になって燃費を良くします。

反対に上にすると「スポーツ」モードになり、通常のアクセルワークより。余計に燃料を供給し出力を上げます。

もう一度、上にすると「スポーツ+」モードになって、様々な電子制御の安全装置が全て解除になるサーキットモードになります。

さすがだなと思うのは、「スポーツ」モードにして燃料の供給量を増やすとエンジン音が変わります。
こちら・・・
普段は向かって右のマフラーからしか排気されていませんが、グッと踏み込んだり「スポーツ」モードにすることにより、向かって左側のマフラーも弁が開いて排気し始めます。

さらにさらに、素晴らしいのは・・・
「スポーツ」モードにするとハンドルの遊びがなくなり、固くなります。

ビシッとした手ごたえに変わり、ハンドルと車体の一体感が生まれ、ドライバーの思うところに車が曲がってくれます。

この辺りは、やはりボディー鋼製の強さの裏付けがないと、こうはなりません~

この車の上級モデルにM4という車種があります。
徳島でもたまに見かけますが、これがまたカッコイイ・・・
さらに、スポーツ性能を高めたモデル。

うらやましい~な。

2018年2月2日金曜日

どうした「やま」。

私は、うどんの「やま」の大ファンであります。
週4はタクト店に通っております。

讃岐うどんと違って出汁に力を注いでいると思います。
この寒い時期、かけうどんのスープを飲み干した時の幸福感はハンパなく、フォアグラや松阪牛より、グーであります。

少し前に、国産ネギが不足し高騰しているので、一人2杯までという案内が出ていました。
しかし、先週よりネギがレジの際にいるか、いらないか、聞かれ店の方によって、いっぱいだけ~しかもすりきり・・・

料金を払ってでも、もう少しネギがほしい。
「はなまる」のように、別オプションでも作ってほしいですね。

気になるのは、ほんとにネギの問題なのかなというところでありまして、二軒屋食堂では変わらずネギを潤沢においてあります。

気のせいか、少し客足も少なくなったように思います。


がんばって前のような、太っ腹の「やま」が返ってくることを期待しつつ、私は通い続けます~
あの味がある限りファンですぞ、「やま」さん。

2018年2月1日木曜日

減反廃止元年。

2018年度は、長年続いた国の生産調整いわゆる減反を廃止し、国の制約をなくす元年となるようです。

経営力が問われる時代になるというが、どの業界も以前からそうだったので大したことではないと思うけど・・・
「自由ほど怖いものはない。多くの生産者が期待と不安を感じている」という方がいる一方。

「不安というより、わくわくしている。自分のアイデアや努力で勝負できるのが楽しみだ」という方も紹介されています。

もう勝負あったというか・・・モノの見方が違うと結果が変わる典型的な答えですね。

最後に、生産者自らが知恵を絞り、前に踏み出す時代が来ている、と締められていますが。

これって普通ですよね。

大家さん自らが知恵を絞って、入居者のために何ができるのかを真剣に考えなければならない時代が来ています。

同じですよね~