2017年9月2日土曜日

名もなき家事って???

住宅産業新聞の記事・・・
共働き夫婦の家事分担について掲載されていました。

共働きの若い夫婦が急増中でますます児童待機が問題になっている昨今。
(この共働きですが、現在のはフルタイムがほとんどです。)

家事分担についての調査を実施したところ、夫妻間には家事の定義そのものにギャップがあるということです。

家事への参加率について夫は「夫3割・妻7割」、妻は「夫1割・妻9
割」と答えていて、そのギャップの理由に「名もなき家事」が存在するという。

トイレットペーパーを買いに行く。
靴を磨く
町内会への出席など・・・

確かに町内会など低いモチベーションでたいへんかも。

さらに、脱ぎっぱなしとか、靴をそろえる、とか自分のことができない夫が一定数存在することが明らかになったとあります。

ここまでくると、草食系とかの問題でないですね。
共働きの妻は様々な角度からもたいへんです。

ビュッフェスタイルなどで、いまだに妻に取ってこさせるという、いわゆる偉そうな夫を見かけることがありますが、どうにかなりませんかね~自分でいきなさいっ。

これからの若い共働き夫婦は、働き方とともに家事分担の在り方も具体的につっこんだ話し合いが重要ですね。