2017年11月20日月曜日

飲酒の規制より地位協定を。

残念な事故がまた沖縄で米兵により起こされました。

沖縄タイムスは、米海兵隊員の飲酒運転による死亡事故を受け、在日米軍は全兵士の飲酒を全面的に禁じる措置をとった。
在日米軍は、新たな通知を出すまで、全ての兵士を対象に飲酒と米兵への酒の販売を禁じるとしている、と伝えました。

こんな措置は間違っていると思います。
日本人も飲酒運転で悲惨な事故を起こしています。

今まで暴行事件がおこる度、歴代沖縄県知事が誠に遺憾と伝えてきました。歯がゆいことに米国との間には地位協定なるものが存在して、被害者である沖縄の方々は裁判をすることさえできません。

この地位協定の改訂なくして進展はないものと思います。
振り回され続けてきた沖縄県民の当たり前の願いですよね。

2017年11月19日日曜日

フェニックストーナメントの楽しさ。

世界ランク上位の招待選手を招いて毎年開催されているフェニックストーナメント、いつも楽しみに拝見しております。

私も2回ほど宮崎フェニックスには行きました。
一回目はプレー、二回目はタイガー全盛期の時にギャラリーとして見に行きました。

思い出深いトーナメントコースです。

テレビでは解りずらいのですが、ティーグランドに立つとどのホールも松の木がせり出しているように見えます。

ティーグランドからグリーンまで程よくカーブさせてフェアウェイがせまく感じるようにセッティングされているのです。

フェアウェイ横のラフが凄く短く、すぐに松林になっていてOBがないかわりに、深く入り込むと1回でフェアウェイに出すことも難しいです。

今日は、松山くんがホールインワンを決めてギャラリーを沸かしていましたね~
このコースはやはり飛ばし屋有利なので、招待選手が上位にくるんですよね。

2017年11月17日金曜日

民業圧迫と官僚の天下り。

本日の地元紙に政府系金融機関の不正により、地銀の融資を圧迫したとあります。
本来、政府系金融機関は民間銀行では融資が難しい案件を税金で利子補給するという経済全体を見据えた取り組みです。

これが、民間銀行の三分の一のなんと0.76%で貸し付けたり、融資が具体化したところで低金利を謳い割り込んできたなどのケースが紹介されています。

 この制度の不正原因に金融行政に詳しくない官僚の天下りがあるといいます。
自分たちの居場所を作るため、これだけ融資を伸ばしているという結果だけを追い求めたということでしょうか。

しかし、もうこの天下り問題は今までに何度言われてきたでしょうか。全く変わらない官僚たちの出世のしくみをどうにかしない限り、この問題だけでは終わらないのではないでしょうかね~

2017年11月16日木曜日

企業の寿命と相撲協会。

メディアを連日賑わせております、現役横綱の暴行事件。
事件が発覚するたび相撲協会の姿勢が問われています。

伝統とか文化とかという言い回しでつくろう場面を良く見かけます。シンプルに考えて今の組織では上手くいかないのではないでしょうか。

日本企業の寿命は約30年と言われ、これでも世界トップレベルだそうです。それだけ、上手くいっている組織が上手くいかなくなるのに大した時間は必要ないということだと思います。

根本的な組織編制を見直し、開かれた大相撲に転換しようという気運もないのが、一番残念です。

既得権益と伝統は違うし、良くない慣習はあらためるべきです。
現代の価値観に寄り添った考え方が普通に通じるよう改革願いたいです。

2017年11月15日水曜日

どうなる、アパートローン。

金融庁の検査はやはり厳しいようで、各行ともカードローン・アパートローンの自粛に努めています。
結果、数字に表れ始めたようで今後の賃貸事業市場に大きく影響しそうです。



低金利下での成長分野として、各行が事業を強化してきたが、カードローンは過剰融資、アパートローンは地方でのバブル化が指摘され、自粛の動きが広がっている。
一方、アパートローンに関しては、土地を資産に持つ個人の相続税対策としての需要が一巡。その後も、需要に見合わない過剰な建設が続き、地方で空室率が目立ったことで貸付残高が減少したもようだ。~

以上の記事内容を当てはめてみると・・・
相続税対策ではなく、需要に見合う適正な建設で、空室に理由があるなら問題なしということでしょう。

異常なアパート建設が適正なものだけになるもっともなお話しですが、適正な計画までもが、これらの影響を受けないよう願っています。
各行には、ただやみくもにそれらの融資高を減らすのではなく、適正な融資審査を一つ一つ丁寧にしてほしいと思いますね。

2017年11月14日火曜日

条例宅地申請と排水計画。

現在、確認申請申請中のSKIP HOUSE ですが、調整区域のため条例宅地申請が必要でした。

その際、敷地の排水計画を申請段階でしなければなりませんでした。そうしますと、当局と協議に基づいて作成するので、思わぬ出費となることがあります。

また、今回は接面道路の県道と敷地との間に県所有地があり、通行許可取得のため、これまた県の施工基準通りの工事が必要となりました。

一般に行われているアスファルト工事より厚みがあったり下地に十分な施工したり、給水配管などにも太さや深さなど様々な厳しい規定通りに施工しますので、これまた想定外出費となりそうです。

役所との協議がありますと、その敷地のおかれている環境に大きく左右されて工事負担が出る場合がございますので、事前にお打ち合わせして敷地調査しておく方がいいですね。

2017年11月13日月曜日

私と回ればベストスコアが出やすい???

太平洋御殿場コースは、小平選手が伸ばして勝ちましたね。
あのドライバーの振りきり方がいいですね~

それで・・・私とラウンドして、ベストスコアが出たと短期間で3人目が出現です。
トランプさんのようなオッケーはしていません(笑)

最終ホール前組待ちの間、イメージするT先生。
ベストスコア97の税理士さんであります。
この日は最終ホール時点で88。
PAR4なのでボギーでも93と大きくベストスコアを更新するチャンスです。

この日のT先生は、ドライバーが冴えわたっていました。
聞けば、前日ラウンドしてプレー内容に納得いかず、帰り道その足で打ちっ放しへ直行・・・350球打ってきたという、しかもそのほとんどがドライバーだったという信じられないお話し(笑)
やはり、努力が報われたということか。

しか~し、ゴルフは会計のようにはいかない~
ティーショットは、当たりは良かったものの大きく右に出て隣ホールへOB。

その後も、いつになくももくり、ももくり、なんと6オン。
万が一3パットすればベストスコア更新なりません(笑)

T先生、渾身のパッティング~
良かった~ワンパットで決めて95でのベストスコア更新となりました。
あのスピード・・・入らんかったら、やばかったんちゃう(笑)

2017年11月10日金曜日

県外から勉強会。

昨日は、県外の建築系会社さんたちが、現場の見学勉強会に来られました。
おもしろ賃貸にご興味のある方たちにおいでいただき意見交換をしました。
SKIP HOUSE、 GARAGE HOUSE 、つまえるHOUSE、と順番に回って、構造もご見学いただきました。
皆さん、新しいものを常に求めておられるんでしょうね。
私も全国あちらこちらで勉強させてもらいました。
また、こちらからも勉強させてもらいに行きますね。

2017年11月9日木曜日

背伸びしたローンでやがて老後破産 。

退職金を当てても返せない住宅ローンという記事がありました。

借りられる金額と返せる金額の間には、大きな差があって金融機関は借金できるマックスを計算します。
消費者が返済計画を独自に立てず、これに乗っかっていけば返せない事例が発生します。

ローン完済して退職金がゼロになるということは、老後資金3500万円でも破綻予備軍と言われている時代に完全なる破綻ということになります。

35歳で35年ローンを組めば最終月にはなんと70歳な訳でこの時点で破綻予備軍でしょう。
もっと言えば、老後資金3500万円の貯金でも破綻するという話ですが、私も同意見であります。

65歳定年を迎えて完全退職した場合、コツコツ貯金したきた貯金に退職金を当てて、住宅ローン等を完済して残った金額3500万円とすれば、なんとなくやっていけそうな気もしますが・・・

85歳まで生きたとするとあと20年間、一年間に175万円、月々14万円、一日4,800円・・・無理ですね。
いくら節約して年金を足したとしても、一時的に発生する特別支出分がまるまる足らない。
そもそもそれ以上生きたらいけない計算になってしまう。

つまり、完全退職せず月々が赤字にならないようにして、特別支出等に老後資金を充てなければならないということですかね。
なので・・・この時点で家賃収入により、月々が赤字にならない状況を作っておく必要がある。そうすれば老後にイヤイヤ仕事しなくてもいいという選択肢ができる。

いずれにしても住宅ローンというのは、一円の稼ぎもない大きなリスクを背負っているということですね。
私たちが手掛ける賃貸事業資金の方が、適正な計画に基づいていれば、まだ返済リスクが低いと思います。

2017年11月8日水曜日

CG加工中です。

徳島市にて竣工しました、「つまえるハウス」外観写真のCG加工をしております。
実際に私が撮った写真がこちら・・・
現実に人間の目で見ますと、奥行き感や質感などが読み取れるのですが、写真だけではどうしても存在感が弱くなってしまいがちです。

そこで専門家にお願いして、お化粧といいますかCG加工を施していきます。
私のイメージを資料添付で伝えて細かく加工していただいています。
これだけの外構仕上げを実際にすると費用的に現実的ではありませんけどね・・・

2017年11月7日火曜日

貿易不均衡と武器購入。

トランプ大統領は、米国と日本は貿易不均衡であるといいました。
長い間そうなのですが、その反面米国債を毎年買っていることも言ってほしいですな。

しかし羽鳥さんの番組によると、その貿易赤字額たった8兆円だそうで少しずつ減少傾向にあるみたい。
PAC3より新しい迎撃システムを買い揃える予定みたいですが、24兆円とありましたよ。
+ステルス戦闘機など具体的に機種も上がってきていますね。

北朝鮮情勢もこれらを言いやすくしています。
でも、トランプ大統領とゴルフしているときに北朝鮮がミサイルを飛ばさないのはなぜでしょうか。
トランプ大統領と直接ではないとしても、やはり米国と北朝鮮はどこかで繋がっているように思えてなりませんわ~

貿易不均衡の現状についてもトランプ大統領は、
「多くの日本車が米国で売られているのに、米国の車は事実上、日本には輸出されていない。交渉する必要がある」
なんて言っていますが、今や欧州車はそこらじゅうに走っているではありませんか・・・

直感的にモノを言うみたいなので、解りやすく好印象の時もありますが、少し薄っぺらい理解・知識が見え隠れしていませんかね~

2017年11月6日月曜日

ロシア疑惑の行方。

トランプ大統領来日で昨日は、安倍総理・松山選手とゴルフをされたようですね。
テレビで少し映っているのを見たのですが、ファーストパットで全てオッケーのようでしたよ(笑)
3パットなしということです~

本日は、ロシア疑惑の続きが出ていますね。
どうやらプーチン大統領の側近が経営する石油会社が絡んできました。

いつも中心にある石油、ISもそうでしょ。
今後、事実関係が確固たる証拠の上にどこまで詳細になるのかで、トランプ政権の求心力に大きな影響があるのではないでしょうか。

米国内での支持が下がれば、ポイント稼ぎのため日本にはさらなる要求が来るかもしれませんね。

2017年11月3日金曜日

FRB議長の交代。

新大統領が前政権下で指名されたFRB議長を交代させるのは、ほぼ40年ぶりとなるらしい。
トランプ大統領は、経済政策に大きな影響力があるポジションを、しっかりおさえておきたいのでしょうか。

日銀は、FRBの意向を強く受けるのですが、黒田総裁は続投のようなので、現在の金利政策等に大きな変化はないということですか。

微妙に利上げするFRB、マイナス金利据え置きの日銀、円安誘導で株高・・・しばらく続きそうです。

2017年11月2日木曜日

PAR5で10。

弊社は一応水曜が定休日となっておりまして、お天気が良かったのでコートベールの薄暮にいってきました。

友人から増田ゴルフのウエッジを借りていましたので、スタート前にアプローチ練習しました。
この頃のウエッジは、ほとんどストレートネックかまだシャフトよりエッジが出ているのが主流です。

しかし、私はグースネック派でして、なかなかないのです。
このウェッジは増田ゴルフの58°グースネックのフェースを立ててさらにグースを強くした一品でした。

スピンもかかるし、しばらく借りて使わせてもらおうと思います。

さて、スコアは10番~14番までの5ホールでワンオーバー・・・
今日は30台いけると思った15番PAR5。

バックティーから打っていたのですが、この日の15番バックティーはフルバックブルーティーとほぼ同じ位置。

左の林をショートカットするのにプレッシャーのかかる位置であります。
案の定、右にプッシュ~

行ってみるとOBゾーンギリギリ残っていました。

良かったですねとゆってくれた同伴プレーヤーに「こんな時、2打目で良くOB打つんよな~」

っといってOB2発・・・トホホ。
シュンタロウに。

その後、ボギー・パー・パー。
くやまれる10打となりました(笑)

2017年11月1日水曜日

トランプ大統領と松山選手。


安倍総理とトランプ大統領のゴルフに松山選手を参加させるということですが・・・
断れないような頼まれ方をしたんでしょうね~

しかし、スポーツマンが入ることによって明らかに主旨が和らぐのは事実ですね。

政治的なメッセージは、松山くんにはしてほしくないですけどね。

アマチュア時代に世界アマタイトルを取って、マスターズでもアマ優勝、プロ転向後PGA本格参戦したあとも好成績を上げています。

あ~遼くん、どうなるんだろう~

2017年10月31日火曜日

大手銀行の合理化。

本日地元紙・経済面に大手銀行3万人の業務削減とあります。
人口減社会にさっさと対応していく大手行・・・さすがでありますね。

窓口業務はネットバンキングに変わり、コールセンターの活用に融資情報分析などはAIを導入するという。

各行は新たな取引に資産運用相談業務を掲げています。
格差社会を見込んでのことだと思います。

この流れは地銀にも時期にやってくるでしょうが、地方の雇用の受け皿として中心にある地銀がドンドン削減していけば、益々地域の疲弊は進むでしょう。

資産運用部門の強化といっても、資産家は都市部に集中しているため地銀の業務転換は至難の業といってもいいのでは。

5割超の地銀が本業で赤字といいます。
金利1%未満、などでは厳しいのでしょう。

日銀の最終目標はどこにいくのでしょうか。
一部の富裕層と大手行の組み合わせ、地銀再編の行方も気になりますね。

2017年10月30日月曜日

つまえるハウスの門が完成。

つまえるハウス6棟のタウンが完成しました。
工事中に全て満室となり、さっそくお引越しの方々がいらっしゃいます。
11月には完成見学会を予定しております。HP・DM・広告等でご案内いたしますので、その際にはぜひご来場・ご見学くださいませ。 その時、皆様をお迎えいたしますのは、タウン入口にあります、こちらの門です。
欧州より輸入しましたヴィンテージタイルであります~本当に歴史を感じさせるタイルですよ。

2017年10月28日土曜日

遼くん、がんばれ~

米国ツアーのシード権を失って日本ツアーに参戦中の遼くん。
15歳の時、アマチュアで優勝したABCも3戦続く予選落ちとなりました。

父にゴルフを教わり、あっという間にプロになって米国へ乗り込んでいきましたが、松山くんのように結果は出せず苦しんでいます。

プロゴルファーは皆スランプやケガに悩まされるものですが、今回は深刻な感じ・・・

信頼できるコーチと巡り合うようオフシーズンを過ごしてほしいと願います。
良いコーチとの出会いが復活のカギのように思えてなりませんよ、遼くん。
また、黒潮で会おう。

2017年10月27日金曜日

相次ぐ不正の原因。

毎日のように次々と新しい企業名が経済紙面を賑わしております不正問題ですが、原因はなんなんでしょう。

担当者が自分のために不正を働いたというのなら、個人になんかしらの利益を得るためだと思いますが、この一見の騒動内容からすると企業側経営陣からの要求がハンパなく厳しいもので、間接的に少々はみ出す行為を容認しているように思えます。

原因は、企業の在り方が利益追求に偏り過ぎたことではないか。
そもそも、企業は利益を追求する組織ですが、手段を選ばず進むようになったのは、物言う株主の存在が大きいのでは???

松下氏・盛田氏・井深氏・本田氏・稲盛氏方々のような筋金入りの理念を持って、たたき上げてきた経営陣から物言う株主の言いなり経営者に変わったことが原因ではないのか・・・

日々の会計処理の数字ばかり目を皿のようにして追いかけて、現場主義とはかけ離れた経営とは言えないような金儲けに没頭してきたツケが不正というカタチになって表立ってきたのでしょう。

本当の経営者に向いているのは、企業運営に必要な様々な理念に対してバランス感覚に優れた方たちだと思う。
そういう資質を測る方法があればいいですけどね~

2017年10月26日木曜日

商工中金だけか???

ニュースによりますと・・・商工中金は、
不正な融資はおよそ4600件で、融資の実行額は合わせて2600億円を超え、関与した職員は退職者を含めて440人余りに上る。
っとあります。

予算消化のために過大なノルマがあり、改ざん・ねつ造を繰り返したというが、どこの企業にもノルマや売り上げ目標があると思うが、こんな結末ではなんのためのノルマか?
話にならないですね。

予算って使うべきところに使い、しまつするところはしまつし、できるだけ残すのが本来。
使い切り予算制度にも問題ありですよね。

結局、経産省の天下り先で予算獲得合戦をしていただけかいな。
国費がこのように各省庁の天下り先に使われているのですね。

民間銀行では融資がつかない業績の中小企業に対して国がマクロ経済のために補償しつつ融資をするのが大義名分・・・

現実は・・・
民間銀行が1・2%の利子で企業に融資提案すると、1・0%で融資。差の0・2%分は国から利子補給を受けて利益を確保していたケースもあるというからあきれる~

つまり、改ざんとは企業を良く見せるのではなく、悪く見せるようにねつ造していた訳だ~

こうやって国税が使われているのだが、各省庁にこのようなものがあると仮定しますと全体では莫大な予算が泡と消えていることになりますな。

消費税増税の前に、ここんとこやるべきでしょ。
政策を訴えず「勝たせてください」などと、民に媚を売るだけのあきれた候補者たちでは、どうにもならんかな~

皆さん、どう思いますっ???

2017年10月25日水曜日

長雨の後の追いあげ。

平年の3.5倍もの雨が降りました、今月。
外でする仕事は全体に遅延しがちですし、一度濡れると吹き付けなどは完全に乾くまで塗装できません。

月曜日から雨の降らない日がやっとまとまりました。
しかし、また次の台風がいますね~

その間に「つまえるハウス」追い上げです。
大工さんがウッドデッキを仕上げています。
雨で濡れた壁が乾くまで待って白く吹き付けられました。
ピンコロを使って花壇も施行中。
玄関ポーチには、オプションでシンプルデザインの庇がつけられています。
皆さん、一気に追い上げです。

2017年10月24日火曜日

空き家率抑制に向けた対策案、新築権。

野村総研のレポートに「新築権」というのがありました。
空き家を減らすために・・・
1戸新築する人は、1戸除去することを義務付けるというもの。

相続などで古い建物の解体をすれば、その除去者が新築権を売却できるしくみだ~

中々いいと思いますねー、空き家の除去を確実に促進できるし、国費が入らず民間での新しい市場づくりにもなるのでは・・・

2017年10月23日月曜日

村田新チャンピョン誕生。

ありえないミスジャッジから5か月、証明してくれました村田新チャンピョン。
エンダム選手は1ラウンドから、あきらかに怖がっていたように見えましたよ。

村田選手は、危なげなく強いパンチで相手にダメージを与え・・・
エンダム選手・戦意喪失のテクニカルノックアウト。

KOシーンを見たかった気持ちもありますが、あそこから続けていたらエンダム選手は相当なダメージが残りそうでした。

ミドル級は日本人二人目。
本当の意味での世界チャンピョンだと思います。
ストローとかジュニアフライだと体格的にも参加選手が限られますよね。

荒っぽい感じのボクサーが多い中で、ちゃんとしている村田選手が好きです~

あ~選挙も行きましたよ。
下馬評通りでしたね。
しかし、徳島選挙区では風向きによっては与党が追い込まれていた票差に思えましたね。

2017年10月21日土曜日

地銀の再編、促す金融庁。

日銀の超低金利政策のおかげで、利ザヤが稼げず赤字の地銀は、なんと5割超にもなるという記事です。
金融庁が地銀の経営陣に対し、持続可能なビジネスモデルへの転換を促すとありますが、そんな簡単な話ではないですね。

それが見つからない場合は、再編を促すということですから、実質地方で縮小していく経済に対して多すぎる地銀を再編しようということでしょう。

護送船団方式といわれていましたが、こんな時も各地銀は金融庁に促されて吸収合併をこれから繰り返していくんでしょうね~

それより、金融庁がいっている持続可能なビジネスモデルへの転換とはなんなんでしょうか。
大手銀行がやっているようなことでしょうか。
10年後は様変わりしていそうですね~

2017年10月20日金曜日

ターゲットを明確に。

私のところがかかわっていない、とある物件ですが・・・
竣工後、しばらく入居が全く決まらないというお話を伺いました。

間取りや仕様を拝見しましたが、豪華な仕様でした。
部屋の広さや諸条件で不動産式で家賃を設定しても何か足らない。

それは当初から誰に訴えていくのか、という明確なターゲット像が必要なんだと思います。また、そのターゲット層が実在していなくてはならないですよね。

企業側が家賃補助するしくみを利用するのか、入居者だけで家賃を払ってもらう想定なのか、年齢層や職業・自炊率など具体的なターゲットを明確にしていくと・・・
必要なものと過剰なものが見えてくるはずです。

つまり、過剰な部分を家賃に反映させますと、高く見えてしまい敬遠されがちです。

心を鷲掴みにするような魅力を醸し出すには、ターゲット層の明確化、さらに絞り込みで可能になるのだと思いますね~

万人にウケるモノは、どこか物足りないものですし、豪華仕様を家賃に反映させるのは凄く難しい。。。
家賃とのバランスで本来の魅力が半減してしまいますからね。

2017年10月19日木曜日

資産を増やすか、借金を増やすか。

相続税対策の大家さんには既に資産があり、それらに税金がかかってきてキャッシュが必要になるので、節税対策として借金をします。

負債をかかえることで資産を圧縮するシンプルなお話しで、それはそれでいいと思います。いいものを建てておけば、あとで売却することもできますし・・・

私は、資産づくり目的で自ら大家になったのですが、「資産を作っているつもりで借金を増やしている」大家さんが結構いることに気づきます。

この間もシミュレーションで手元に残るキャッシュをこんなところに使いたいと資産形成とは関係のないところに使う算用を伺いました。
しかし、この資産形成のスタート時、見方・認識の違いが借金を増やすことに繋がりかねません。

土地+建物で1億円かかったとします。
自己資金1000万円でスタートすれば借金は9000万円です。
資産は現在1000万円ですが、これを資産1億円と考えると借金は増え続けることになります。

ここから毎月手元に残るキャッシュをこの賃貸事業だけに使うと、当初の利回りでクルクル回って償却が進み、少しずつ資産形成されていきます。

このキャッシュで別荘を建てるなど他に使えば、リスクは跳ね上がり利回り分で資産形成されません。
15年~20年後、また借金を重ねて建物のメンテをすることになってしまい、計画通りの返済になりません。

管理費用・維持費用・メンテナンス積立を取り除いて、手元に残るキャッシュを使っていいのは、借金をすべて返してからと考えています。
なので、10年後・20年後・先のことを考えて早めに着手しておく必要があるんでしょうね。

借金が少しずつ減っていきながら、資産が少しずつ形成されていきますが、20年後にすべて返し終わっても1億円の資産にはならず、築古年数分の目減りもあります。
つまり、売却できる金額です。

都市部においての不動産の値上がり分によるキャピタルゲインを取り除いた地方のインカムゲインでは、やはりこの考え方の方が低リスクだと思います。

1億円すべて借入しても少し手元にキャッシュが残る・・・
そうするとこの10倍、いや30倍の借金をして金太郎あめのように同じように増やせば、当初はなるほど手元に残るキャッシュも30倍となってこれだけで食っていける???
これは、もはや妄想に近く事業ではないと考えます。

このキャッシュは償却が進むまで、この事業だけに使わないと利回りと言えません。


これらの考え方の基本は、やはり償却年数を短くして、ある一定程度本来の資産形成がされたなら、また新たに取り組んでいくというコツコツ感を大切にしたいんですね

オール借入の方も、それら償却だけに使っていただければ低リスクになります~

2017年10月18日水曜日

シミュレーションの間に売却済み。

SKIP HOUSE を徳島市で土地取得から計画していました・・・

ターゲティング後、間取り作成~シミュレーションをして大家さんが金融機関にご相談している時、土地が売却済になってしまいました。

数か月売り出していたので、慌ててなかったのですが~ざんねん。

逃がした魚は大きい(笑)
売れると・・・その土地、さらに良く見えてくるものですね。

また、次回に期待しましよ~大家さん。

2017年10月17日火曜日

つまえるハウス、はやくも満室に。

徳島市にて、6棟のタウン化で進んでいる「つまえるハウス」ですが、昨日大家さんと打ち合わせた際に既に満室と伺いました。

竣工を待たずして・・・満室。
素晴らしい~うれしーです。

そして、見学会開催も大家さんに快諾いただきました~
ありがとうございます。
皆様、来月ご案内いたしますので、ぜひこの機会にご見学くださいませ。
なんせ、満室ですから、このあと見られなくなりますよ~
しつこい(笑)

2017年10月16日月曜日

つまえるハウス、もうすぐデビュー。

つまえるハウスの現場は、最終のエクステリア工事なりました。
脱衣室の勝手口から、最短の洗濯動線で設置される物干しテラスです。
モニター付きインターホンとポスト、お隣は宅配ボックスです。
リビング・ダイニングにはウッドデッキが併設されます。
ウッドデッキは屋根付きで、目隠しを兼ねた手すりも備えられます。

2017年10月14日土曜日

遮音システム。

木造や鉄骨造などは躯体が柱と梁の軸で支えているため、防音・遮音工事が必要になります。

RC鉄筋コンクリート造で床や壁がコンクリートで形成されていると、優れた遮音性能となりますが、コストがかかってしまいます。

そこで、建材メーカーから様々な遮音アイテムが発売されております。
大建工業の遮音マット・床用などは以前から普及していてそれなりに効果があります。

今回、ご紹介するのはタイガー遮音フロアシステム。
ここで注目したいのは、遮音ボードと遮音ボードの間に施工するサウンドカットです。
音は周波数で伝達されるので、同じ材質を重ねても効果はなく、違う素材を何層にもすることで、性能が発揮できます。

音の問題と振動はまた微妙に違っていて、1F天井に防振性のある構造などにしていきます。

いずれにせよ、やればやるほど効果が期待できるのですが、採算を考慮するとそうもいかなくなる・・・
悩ましいところです~

2017年10月13日金曜日

条例宅地と開発許可。

賃貸事業計画のご依頼を受けますと、敷地調査になります。

この時よくあるのが、調整区域内の条例宅地申請です。
平成13年以前に宅地化されていて、その他条件をクリアすれば戸建と長屋は建築可能となります。

その申請が通った後に確認申請手続きへと進めます。

このほかにも開発許可が必要な場合があります。
300mm以上の切り土や盛り土がある場合や、1000㎡以上の敷地に建築する場合などです。

しかし、1000㎡以上のくくりは原則規定で、但し書きのような緩和規定があり諸条件によっては除外してくれるケースもあり、適合申請という簡易な事前審査で確認申請が提出できることもあります。

その都度、設計事務所・土地家屋調査士・司法書士・行政書士などと協議しながら方針を固めていきますが、先生方個人の役所との協議力で申請方法や施工内容などが微妙に違うので、ここは実績のいい方たちで固めたいところです~

現在計画案の一つで開発許可の内容検討協議に入っていくところです。
また、ご報告いたします。

2017年10月12日木曜日

海越えてほめられに行け、SKIP HOUSE。

賃貸住宅事業の最前線と名を打って大手建材メーカー様主催で、県外からプロの建設業者様をお向かえして見学会を予定しております。

我々はいつも何か面白い取り組みなどを探しています。
私も以前の住宅会社では、主に営業チームを引き連れて、埼玉や富山、名古屋等々・・・あちこちに勉強見学会にいきました。

今回はお招きするほうでございます。

おかげさまで商品に魅力を感じていただいた大家さんたちからご依頼を受けています。
これらが県外でも需要があればというシンプルなお話しなので、県外へ進出ということではありません。

県外で活躍されている建設・工務店様が今まで取り組まれてきたものをそのままに・・・
これらを新たに取り組むことができれば顧客層は確実に広がると思います。

私もプロの評価を聞けますし、こんなアレンジもありだなっみたいなものも期待しています。

とにかく、入居者や大家さんサイドに選択肢が増えること自体、凄くいいことだと思います。
私で少しでもお役に立てるなら~っという気持ちです。

2017年10月11日水曜日

600坪の計画案依頼。

ありがとうございます、感謝でございます。
まだ、決まってはいませんが(笑)

600坪の敷地面積での賃貸計画案のご依頼を受け、すご~くうれしーです~
環境はファミリーにも単身者にも適した立地条件です。

なんにせよ、イメージを膨らませていく、このプロセスがなんとも楽しい。

単身者用共同住宅 SKIP HOUSEか、戸建て賃貸 つまえるHOUSEか、SKIP長屋形式か・・・GARAGE HOUSEは、今回のシチュエーションの場合はちがうかな~
はたまた~それらのミックス戦略か???

現地視察したところ、現在の地目は農地跡らしく草ぼうぼう~
これから、計画してきれいに造成して新しい暮らしを生み出していく。。。

ありがたくもプレッシャーのかかる幸せな時であります~
あ~あ、建築屋で良かった~(ブルゾン風)

どんどんどどんどん~

2017年10月10日火曜日

金儲けのうまい人。

いつも地元紙のことば遍路という記事を拝読しております。
本日は、フランスの思想家アラン氏の「金儲けのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産をもっている」というテーマ。
共感します。
いつの時代も、どの業界も同じように思います。

私たちの民間需要の建築業界にも工務店の風雲児という方がいて、その方のお話を聞く機会がありました。

大成功された理由を尋ねると感性が大切だと言っておられました。
人それぞれに違った感性があり、それらを磨き続けることで価値を生み出すということらしいです。

ことば遍路の最後に、「金儲けがうまい」とはバランスの取れた能力を持っているということである、っとあります。

これは私たちの賃貸事業にも言えることですよね~
土地環境により入居者のターゲティング・家賃設定・暮らし方提案・圧倒的な差別化、それに身の丈の資金計画などの総合バランスで成功が決まるのと同じように感じます。

ようは、それらを判断する感性力なんでしょうね。

2017年10月9日月曜日

組織ぐるみの残念な不正。

日産に続き、神戸製鋼と歴史ある大企業の不正が発覚しています。

不正の背景として「納期を守り、生産目標を達成するプレッシャーの中で続けてきた」と・・・
次に、「品質に関する意識が弱いとは考えていない、契約を守る意識が低かった」と・・・釈明とあります。

どゆこと~

品質に関する意識が低すぎるから、常態的な偽装に繋がったんですよね。
偽装ですから、それ以前の問題ですね。

出荷先も言えないというから、この姿勢ではずっと続くのではないでしょうか。

こういうのって、日産・神戸製鋼だけでないのではないでしょうか~
ざんねんですね、利益優先の日本の組織は。
納期のせいにしていますが、ようは利益を指しているわけですよね。

2017年10月7日土曜日

希望の党の首相指名。

一旦、希望の党に吹いた風向きが変わりましたねー
小池氏が選挙に出ないと発言したので、さらに混迷気味。
首相指名を誰にして選挙を戦うのか、あやふやで候補者も困惑。

出てきた政策を見ると目玉になるものもなく、なにも鬼門の改憲をこの時点で言うこともないだろうにねー。

このままでは株価や経済指標がいいので、自公が過半数を割る確率は少ないのではないでしょうか。

っとすると、小池氏側が準備できてないうちに解散にもっていった安倍総理の思惑通りになるのでしょうか。

私は、五つのクジラでバンバン株を買っていることをどこかの党が取り上げると思っていたのですが、ざんねんです~

さぁ、10日にサプライズあるか、どうかというところですかね。

2017年10月6日金曜日

時給高騰の中身。

産経ニュースに以下のような記事が掲載されていました。

森口産業(大阪市天王寺区)が9月15日にオープンした「酒房“ワビスケ”」(同市阿倍野区)は周辺相場より50円高い千円で募集をかけたところ、採用予定の15人に対して約200人の応募があったという。
森口社長は「賃金が相場を下回ると途端に反応がない。これからは人材を確保できるかどうかが会社の存続に関わる」と話す。

人手不足にたった50円の話・・・
大阪、京都、兵庫の3府県時給平均は6月の913円が過去最高らしい。
これに50円足すと963円です。

これで高騰と言えるのでしょうか。
どう考えても低すぎないでしょうか~

もっともっと粗利に対する労働賃金の割合を高めないと、消費は増えないと思う。
消費が低迷することは、全産業に影響していますよね~

お好み焼きの千房が、時給300円アップのところもあったとしていますが、せめてこれぐらいのことをやった方がいいと思うし、それに見合うプライスに見直した上で粗利を確保していく正常なしくみに変革していってほしいです。

2017年10月5日木曜日

求人倍率最高なのに伸びない賃金。

アベノミクスのなかで最も悩ましい問題は、賃金が上がらないことだと思います。
本日付の地元紙によると・・・
大企業の業績は好調でも、その製品を運ぶ運転手の賃金は上がらないとあります。
人手不足は深刻で企業業績がいいのに全く賃金が上がらない~

一般的には求人が来ないと賃金が上がっていくはずなのですが、なぜか上がらない。

また、県内の部品メーカーで働く40代男性の年収も400万円からほとんど上がらないとあります。
世帯の大黒柱で子育てにこれからかかるという年齢なのに400万円ではキツイ。

これで消費が上向くはずがない。
どうすればいいのでしょう、このデフレ・・・

今後、AIが進み益々コンピューター化、機械化が進みますが、どうしても人がやらないとできないポジションがある。
なのに、そこの賃金が凄く低く、将来に向かって上がらない。

企業の内部留保は増えるばかりで、希望の党はそれに税金をかけるという奇策を出すみたいだが、それは違うような気がするな~

働き方改革が進んでおりますが、この労働賃金をなんとかしない限り、誰が政府を動かしても同じような気がします。
どうしたら、いいんだろう。。。

2017年10月4日水曜日

ひのきの土台。

現場レポートは、工務の久米さんにお任せしておりますが、今回は土台敷きについて一言。

私はもう住宅を約500棟ぐらい手がけてきました。
そして、工事中の工程のなかで、この土台敷きが一つの区切りだと思っています。

一般には、このあとの上棟が区切りとしていますが・・・
計画をたてて、融資審査を経て実行までに相当の時間を要します。
その後、土を掘り返し、コンクリートを流し込んできた現場に初めて木の香りが漂う瞬間なのです。
こちら・・・SKIP HOUSE の現場です。
ここに注目。。。
そうです、樹種はひのきを採用しています。
日本の気候の特徴である多湿やシロアリに強く、腐食しにくい樹種であります。

ひのきは香りもよく、人にも良い影響を与えます。
これが、現場にほのかに香っておりました~

2017年10月3日火曜日

コスモスポーツの模型。

テレビで例のCMをやっていました。
ディアゴスティーニでしたっけ???
創刊号、いくら、みたいなやつ。
それにマツダのコスモスポーツが登場です。
マツダのスポーツカーといえばロータリーエンジンですが、私はそこではなく、この車のデザインが好きです。

まぁ、このデザインにするには容量の小さなロータリーエンジンでないとできなかったと思うのですが・・・

模型ではなく、当時のこのカタチそのままでリバイバル発売されたら、買いますね~

なんかそういうブームがきそうなんですけどね。

2017年10月2日月曜日

小田急線で。

東京在住の長女の誕生日に、それぞれ上京して家族全員5人でご飯を食べようと誘いました。
今年、5人(妻と娘3人)が揃うのは2回目です。

私が20代のころ、アルバイトをしながら専門学校に通った時期がありました。
その時、住んでいたのが小田急線沿線でした。

当初は狛江、そのあと生田に引越しましたが、アルバイトの宅配等で成城学園・喜多見辺りから柿生・鶴川ぐらいまで世田谷通り等、軽四貨物車で良く走っていました。

当時は、新百合ヶ丘の北側開発で住宅地が新規分譲されていて、広大な土地にポツリポツリと新築されていたような時代でしたが、今は大きな街になっていたようです。

アルバイトの配達途中、小田急の電車に良く踏切で待たされたものです。
その中でもロマンスカーという新宿~箱根行の通過電車は、明らかに他の電車とは違い、ビール片手にリラックスした観光客の満足げな雰囲気が道路側から見上げる軽四からも感じられましたね~

「いいな~俺もいつかこの電車に乗ろう」、
っと過ぎた時間が約30年(笑)
今回を活かして、乗ってきましたロマンスカー。
箱根は何度か車では訪れましたが、今回はあこがれのロマンスカーから、昔懐かしい踏切の景色を当時とは反対の車窓から見れるとあって楽しみにしていました。

ところが・・・
高架が進み、地下化が進み、さらに防音壁が進み(笑)
なんせ約30年ですから、当たり前か・・・
まぁ、でもそこそこ楽しめましたよ、車窓。

箱根で一泊。

次の日、銀座シックスで全員集合となりました。
家族よ~また会う日まで・・・

2017年9月29日金曜日

横川、出張のお知らせ。

横川は、9月29日(金)~10月1日(日)まで東京出張になります。
現場は、工務久米が出勤管理しています。宜しくお願いします。

2017年9月28日木曜日

政権交代のあと。

小池氏のリセット旋風が吹き荒れています。
ひょっとすると都知事辞任、自ら出馬・・・総理大臣の可能性まで出てきましたね~

解散が取りざたされてからの小池氏は正にあっぱれ。
戦略・戦術の準備万端・用意周到という印象です。

さて、もし政権交代となりますと、経済政策も変わります。
アベノミクスの円安誘導⇒株高、大企業業績アップに加え、超低金利政策にも変化が現れるでしょう。

私たちの賃貸ビジネスは、日銀による規制が始まったばかりですが、この分野も大きく変化するはずです。

現在、株等に投資しているお金の流れをどうするかで一気に経済情勢は変わりそうですね。ここは注目です。

党代表を務める際に「候補者選定は私に一任願えますか」
っといっていた通り、ガンガン突き進んでいく覚悟が見えます。
前原氏とリーダーシップの格の違いを印象付けられました。

まぁとにかく、選挙に行く気になりました~
あっ、それから小池知事、小沢氏にはくれぐれもきをつけてくださいよ(笑)

2017年9月27日水曜日

新町西再開発事業の記事から。

本日、地元紙の記事に新町西開発の負債について掲載されています。
20日徳島地裁で組合側提訴は棄却され、
今後、控訴する方針とあります。
しかし、この案件。
高裁でひっくり返る可能性がどれほどあるのか疑問です。

焦点は、この記事の負債をどうするか???
これに絞られるのではないでしょうか

市側も法的責任のある分については賠償を支払うと言っているわけですが、問題は負債がどの程度残ってしまうのかが分からないことですかね。

内訳に大手建設会社からの借入金約5億3900万円とあります。
その他にも複数のコンサルタント業者への未払い金約8900万円・・・
事業推進のための調査設計費などが原因とありますが、それなら本来は金融機関から借り入れて支払いは済んでいるはずですよね。
ん~、どういうことでしょうか。

組合側で今回この開発事業に巻き込まれた方々には気の毒とは思いますが、このお金の詳細や流れの正当性はどうなんかな、っと思ってしまいます。

小池氏のようにリセットして、市側とひざを突き合わせて話し合う方向がいいと感じますが、皆さんはどう見ておられますか。

2017年9月26日火曜日

希望の党、登場。

あっさりと出ました。
真正面から堂々と代表を務めるという、小池氏。

やはり、経験値がモノを言うのでしょうか。
ガンガン行く辺りは、以前の小沢氏に教わったのでしょうか。
凄いですね~

いずれにせよ、腹立たしいだけの衆議院選挙に少し期待感がもたげてきたのは、良かったと思います。

とにかく、選択肢のない選挙ほどやりきれないものはない。
おれたちゃ~どうすりゃいーのよって感じです。

この短期間でどこまで中身のある候補者を擁立できるか???
ここが見せ所ですかね。

今までのような、なんとかチルドレンでは・・・
その後がしぼんでしまいますもんね~

徳島選挙区もぜひ擁立してください。

2017年9月25日月曜日

SMAP時代と正反対の新戦略。

脱退した3人の取り組みが、ヤフーニュースに出ていました。
テレビ出演は難しいので、SNS戦略でいくという~

素晴らしいですね~大成功するかもです。

ファンとの距離感は確実に近づき、テレビのような一方通行ではない本来のコミュニケーションが取れるのではないでしょうか。

先日、北野監督が浅草時代の師匠のことを話されていました。
その一部に師匠は、テレビを嫌っていたと言われていました。

舞台にかけていたが、時代はテレビに移行していたということでしょうか。

これからは、どうなんでしょう。
テレビには限界があり、やはりネットの方が益々広がっていくのではないでしょうか。

この先方といいますか、成功してほしいですね~

2017年9月24日日曜日

コートベールへ行ってきました。

23日は連休ということで、取引先建材業者さんたちと親睦ゴルフに行ってきました。

10時45分と遅いスタート時間。
着くと駐車場は既にいっぱいのコートベール。

INスタートと聞いて、まずは一安心。
行かれた方はご存知だと思いますが、OUT1番ホールはせまくて出だしホールにはちょっとキツイ~

IN10番は巾が広くプレッシャーなく振りやすい。
会心のドライバーショットでスタートすることができました。

この日、初顔合わせの方が二人。

お一方は、一見みて解る素晴らしいスイングでした。
OUTでは、イーグル・バーディーと続いたホールもあってパープレイされました・・・
私もこの方のナイスショットにつられて83で回ることができましたよ。

もう一方は、はじめての100切りがかかった楽しいゴルフとなりました。
上がりの2ホール時点でスコアは86。
PAR5・PAR4をダボダボでも99で100切れます。
皆で応援しましたが、ラス前のPAR5・・・まさかの9~

一気に貯金を使い果たし、最終ホールはパー4を出さないと100切りにならないという厳しい環境に追い込まれてしまいました。

最終ホール、ティーショット左に曲げて池方向に・・・
ここでペナルティーがつけば現実アウトなので、皆で一生懸命探しました。
「あった~」

木がブラインド・・・低く抑えつつ方向を話し合い、第二打ナイスアウト。
あとピンまで50ヤード程度。
ここからまずまずによれば、最後パター勝負でチャンスありです。

全員注目・全米プロのような緊張感ハンパなく~静かな時の流れのあと、アドレスされました。

次の瞬間~「うわっ」・・・
トップしたボールはグリーン向こう側へ消えて・・・万事休す。

その後もチャックリ~上がってみると103・・・
ベストスコアの102にも届かず、ざんねん。

でも、この方も皆もワーワーと楽しいゴルフとなりました。
次回は、100切ってくださいね~

2017年9月22日金曜日

40歳代世帯の低所得層増加。

ニュースに・・・
世帯主が40歳代の世帯では、単独世帯やひとり親世帯の増加で総所得が300万円未満の低所得世帯の割合が増加~
っとあります。

以前から中間所得層の減少が懸念されていて、2%の物価上昇を目指す黒田総裁にとって、これが足かせになっていないでしょうかね~

日本の以前の経済構造は中間層が多く、富裕層と貧困層が少なかった。この中間層のほんの一部が富裕層へ、ほとんどは貧困層へと両極端に分かれていっているような。

40歳代だけでなく、高齢者世帯の四分の一は貧困世帯といわれ、子どもの貧困率も一時よりは改善したものの増加傾向にある。

米国の縮図のように後を追っているようで心配です。
この現象は数字上の経済と多くの国民の生活とが乖離していく原因なのでしょう。

2017年9月21日木曜日

金融庁の立ち入り検査。

金融庁は20日、過剰な貸し付けが問題となっている銀行カードローンに関し、融資実態を把握するためメガバンク3行への立ち入り検査をはじめたとあります。
銀行協会の自主規制なんぞで過剰貸し付けは減りません。
それに則った調査も有効でしょうか。

総量規制をはやく法制化しないと利用者の破綻は膨れ上がるのではないかと危惧しています。

超低金利のしわ寄せが庶民に来るあたり・・・
なんとかならないものですかねー

2017年9月20日水曜日

賃貸アパート大手に集団訴訟。

地元紙によると、「レオパレス21」にアパートを貸している全国のオーナー45人が、20日修繕費用約2億4千万円の返還を求めて東京地裁に提訴したとあります。
内容は・・・オーナーからアパートを一括借り上げし、修繕費用として毎月10万円前後の費用を集めていた。
ところが修繕が実施されていないというもの。

2011年ごろからとなっていて・・・
2億4千万円÷45人だと、一人当たり約533万円になりますね~

どうなるでしょうか、結果によっては他社にも波及しそうです。

2017年9月19日火曜日

臨時国会、冒頭解散。

北朝鮮の問題が日本の安全保障にとって、本質的に関係していないことが解る~衆議院の解散となるようです。

森友・加計問題の追及もできず、今回の目玉人事だった幹事長候補の山尾氏も離党した民進党。
さらに離党者が出て苦戦必至。

自民党としては、民進・山尾幹事長とは戦いたくなかったはずですね。
このタイミング~
山尾氏のスキャンダル発覚と解散の時期、偶然なのでしょうか~

民進は小沢氏や社民との連携を模索しているようですが、小沢氏と係るとろくなことにはならないと思います(笑)

今後、小池氏の動向が注目され野党としての役割を果たせるかどうかですね。

選挙戦の間は、北朝鮮もミサイル発射を待ってくれるんでしょ。
おかしな話だと思いません???



2017年9月18日月曜日

台風一過の青空。

台風が過ぎて現場に影響がないか、早朝から確認作業・・・
まったく、影響なしで一安心です。
そして~台風一過の・・・この、あおぞら。
凄いですね~スカイブルー~

こちらは、これから始まる鳴門の現場。
これまた、スカイブルー~
災害をもたらす台風ですが、こんな面もありますね。

2017年9月16日土曜日

台風がきています~

台風の影響が出始めていますね~
17日に徳島通過みたいです。

15日は台風養生の日・・・
強風で飛ぶようなものがないか現場をチェックするのですが、仮設足場がある現場では、シートをたたむ作業があります。
このように養生シートをたたむと風が足場を抜けて安全です。
通過すると、また元に戻す作業となるので、次々来られるとはす゛したり、戻したりの繰り返しになります~

2017年9月15日金曜日

電気自動車と原発。

マツダがディーゼルエンジンを新規投入しました。
欧州を中心に中国でさえ電気へ移行示唆の時期にディーゼルエンジンなんですね。

しかし、良く見るとこう記してあります。

EVは走行中にCO2を出さないものの、モーターを回す電気の多くが火力発電に依存し、発電過程まで含めればCO2が発生しているのも事実だ。

さぁ~ここですね。
車から出なくても、火力発電所でバンバンCO2を出して、その送電によってプラグインして、「クリーンですわっ」と言えないですよね。

っとなると原発ならCo2は少ない、しかし事故になると収拾がつかないし、廃炉も物理的に困難ですよね~

トヨタが進んでいる水素ガスはどうなんでしょうね。
世界的に大きく産業が動く時期に遭遇しそうです。

2017年9月14日木曜日

地鎮祭を執り行いました。

もうじき着工いたします、SKIP HOUSE の地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭は一般住宅の際には、ほとんどの方々がされますが、共同住宅となりますとハーフハーフというところでしょうか。

昨日は、大安吉日で神主さんもあちらこちらで大忙しだったようですね。
以前は、建築業者の監督さんが地鎮祭準備をしていましたので、大安吉日となりますと笹を積んで走る軽トラを良く見かけたものです。

この頃は専門業者があり、すっぱりと準備してくれます。
クワ・ツル・スコップに祭壇に砂に縄に椅子等々、ホント助かります。
朝早く、よさげな笹を刈にいくとそこにあっちこっちの住宅会社の監督さんたちがぞろぞろ、なんて話はもう過去のことになりました~

2017年9月13日水曜日

銀行の預貸率低下。

日銀の金融緩和策を続けて超低金利でも銀行の貸出額は増えないようです。
預貸率とは銀行預金に対する貸出額の比率のようですが、8年連続で低下しているらしい・・・
企業業績は良く内部留保・預金に回ってしまい借り手不足ということでしょう。
資金繰りに困窮する企業には当然貸し出しは渋くなるので、安全なカードローンやリボ払いの利ザヤを稼ぐというところでしょうか。

行くところのなくなったお金は、一部無謀なアパート経営へと流れて、今回過剰な融資を是正する動きとなったわけですね。

今後、この金融機関の貸出先ターゲットとなるところはどこになるのでしょう。
ここは注目したいところですね。

2017年9月12日火曜日

2項道路での協議中。

2項道路とは、建築基準法42条2項に示されている「みなし道路」のことです。

こうあります・・・

建築基準法では、(原則)建物の敷地は幅員4メートル以上の道路に接している必要があり、その要件を満たさないと建築は認められない(接道義務)。
しかし、古くからある既成市街地では4メートル未満の道が多いため、沿道の建物がほとんど既存不適格となり、建替え不可(建築確認が下りない)となってしまう。
2項道路は、(原則)道路の中心線から水平距離2メートル後退(セットバック)した線を道路の境界線とみなすことによって、建替えを認めることにした緩和規定である。


今回計画中の敷地ですが、この2項道路の中心後退の部分に高さ1.6mの既存擁壁があるんです。
この既存擁壁を解体して、後退した部分に新たに擁壁を築くことで、建築許可をいただくため役所と協議中であります。

皆さんも2項道路は注意してください~



敷地の右上だけに2項道路が面しています。
2項道路は面していない方が、良いケースがありますね~

2017年9月11日月曜日

ハイブリッド車の行方。

ニュースに次のような記事が・・・

[北京 10日 ロイター] - 国営新華社通信によると、中国工業情報省の辛国斌次官は、化石燃料車の生産・販売の禁止時期に関する検討に入ったことを明らかにした。次官は、自動車業界にとって適応すべき「動乱の時期」が到来すると予想した。(ロイター)

イギリスとフランスが2040年までに、ガソリン・ディーゼル車の販売禁止を決めて電気自動車・プラグインハイブリッド車のインフラ整備を進めるとのこと。

欧州ではクリーンディーゼルとか言ってさんざんディーゼル車を走らせてきましたが、そのデータが偽造されていたことが判明、大問題となりました。

そのしわ寄せでしょうか・・・健康被害が深刻化している模様。

中国までもがのり出してきたわけですから、世界は一気に車の電動化に向かうようです。

このごろCMで日産の電気自動車ニューリーフが出ていますね。
ハイブリッドで後れを取っていた日産はゴーン氏の指示により、一気に電気自動車を加速させました。

少しリードしていると言えるのでしょうか。

ハイブリッド技術では世界トップクラスといわれるトヨタは、今後水素ガス車や電気自動車の開発をどのように進めるのか、楽しみですね。

ガソリン車のあの排気音が消える日がくるんでしょうね~

2017年9月9日土曜日

過剰融資の是正へ。

去年、日銀が出した方針、アパートローン・カードローンの過剰融資に対する残高を銀行が公開するというのが、この9月からスタートしますね。

貸し出した金額の内訳を公開することで、金融機関個別の融資姿勢を是正しようというもの。

しかし、このことで法的な総量規制がかかる訳ではありませんので、限定的になるのではないでしょうか。

この制度の効果は少し見守りたいですね。

2017年9月8日金曜日

民進党の対応とメディア。

新たな代表が決まり、っというか前も代表していましたが・・・
新鮮さに欠ける民進党、いや与党もですね~

そこに有能な女性幹事長誕生で盛り上がるはずだったが、スキャンダルに。

しかし、今回のは政務調査費をごまかしたとか、違法な献金や口利きではありません。
政治活動の違法性ではありません。

なのに、メディアは一斉に攻撃、もう見ていられないほどの徹底攻撃。
この風土が子供社会でも縮図となっていじめの問題となるのでしょう。

一番の被害者は各配偶者だと思う。
この件は互いの配偶者等で話し合い、調停、裁判すればいい話ではないでしょうか。

政治的違法性と全く関係のないスキャンダルに党代表も知らん顔・・・
リーダーとしてどうかと感じます。

政務調査費や違法献金や口利き、もっと言えば権威を振りかざした忖度とごっちゃにして、徹底的に叩きのめすこの社会の方に問題はないのでしょうか。

このハゲーの女性代議士も政治的違法性ではなかった。

政治的な違法性を絶対的権力でぶっ潰して、のうのうと議員活動を勤める無能な男性代議士はどうなん???

一部分において有能な方たちに人としての完全なモラルを求めている人たちの、モラルは大丈夫なの???
っといいたいわ~

権力に屈せず、ホンマの悪党を暴くのが、メディアの本質ではないのかなぁ???

2017年9月7日木曜日

徳島県の倒産件数。

地元紙に徳島県の8月の倒産件数4件、負債総額8億3600万円とあります。
これまで続いていた倒産の減少傾向に底打ち感が強まってきて、全国的にも増加傾向にあるようです。
20年ほど前に中小企業向けに国が保証枠を新たに30兆円設けた金融安定化制度というものがありました。

デフレで利益が出せない中小企業が増えたので、一気に倒産されると困るという理由で設けられました。
なるほど、審査がゆるくモラルハザードの話も出ましたが、一定の効果はありましたね。

中心に動いたのは、亀井静香氏だったと思います。

それらの効果が解けて少しずつ倒産していく、ソフトランディングに成功したと言っていいのではないでしょうか。

今後は倒産ペースを上げつつ増加していくのでしょう。

2017年9月6日水曜日

ブラックレインのTV放映。

本日、BS7・19:45~米国映画「ブラックレイン」が放映されます。
私はDVDを持っていて何十回見たかわかりませんが、故松田優作さんの遺作映画です。

中学生の時、探偵物語という優作さん主演のTVドラマをやっていて、完全にトリコになりました。
それ以前に「太陽にほえろ」「俺たちの勲章」などにも出演されていましたが、なんせ探偵物語の痛快さはハンパなくカッコイイとしか表現できない子ども心に強く印象付けられました。

日本映画では「蘇える金狼」を大ヒットさせました。
監督の村川透さんとは探偵物語の時によくコンビになっていましたので、それがきっかけなのかな。

今回の「ブラックレイン」監督は、エイリアンで大ヒットを飛ばしました名監督・リドリー・スコットさんです。
米国映画らしく楽しめる娯楽映画に仕上がっています。

俳優陣は、マイケルダグラス・アンディーガルシア・高倉健など・・・超一流揃いです。
この中にあって悪役演じる優作さんの存在感は大きく準主役といってもいいのではないでしょうか。

中でもたまらないのは・・・冒頭レストランに子分を連れて乗り込んでくる優作さんの迫真の演技です。
立ち去ろうとした時、対立する親分に「ひよっこだな~」と言われ、何とも言えないため息をつきながら、振り返るシーンには今でも鳥肌が立ちます。

そのほかにも大阪の街などの映像が素晴らしく、見ていない方は是非お勧めです。

でも、ホントは今の優作さんを見てみたいな~

2017年9月5日火曜日

有事の円買い。

本日地元紙に北朝鮮の核実験を受けて円を買う動きが広がりました、とあります。
私は以前から有事が予測されたら日本はその影響を受け様々な懸念材料から円安になるのではと考えてしまうのですが・・・

動きは反対で、その質疑が掲載されています。
質問・・・北朝鮮が米国と軍事衝突し、日本もそれに巻き込まれる恐れがあるのになぜ円が変われるのか???

答え・・・市場では軍事衝突が起きるとは考えられていないため、リスクの高まりとともに安全資産とされる円が買われています。

はいっ~。。。
軍事衝突がないと考えているのなら、有事のリスクは高まっていないのではないでしょうか。

軍事衝突が現実となれば円が一気に売られる可能性があるとも報じていますが、だったらなおさら~

リスクの高まりと同じように円が安くならんとおかしくないですかね~やはり、よくわかりません。

米国なら軍事産業株がいっぱいあるので、有事となれば莫大な国家予算の恩恵を受ける企業株が値上がりするでしょうけどね。


2017年9月4日月曜日

外観ファサードシステム。

三協アルミにメイクファードという外観をデザインするアイテムがあります。

共同住宅の単調になりがちな外観デザインにポイントをつくる良いアイテムだと思います。
こちらは、その中のメイクモールという木材のソリを表現した部材です。
高価なものなので広い面積には向きませんが、ワンポイントには素材感も出て意匠性アップに効果が期待できます~

2017年9月2日土曜日

名もなき家事って???

住宅産業新聞の記事・・・
共働き夫婦の家事分担について掲載されていました。

共働きの若い夫婦が急増中でますます児童待機が問題になっている昨今。
(この共働きですが、現在のはフルタイムがほとんどです。)

家事分担についての調査を実施したところ、夫妻間には家事の定義そのものにギャップがあるということです。

家事への参加率について夫は「夫3割・妻7割」、妻は「夫1割・妻9
割」と答えていて、そのギャップの理由に「名もなき家事」が存在するという。

トイレットペーパーを買いに行く。
靴を磨く
町内会への出席など・・・

確かに町内会など低いモチベーションでたいへんかも。

さらに、脱ぎっぱなしとか、靴をそろえる、とか自分のことができない夫が一定数存在することが明らかになったとあります。

ここまでくると、草食系とかの問題でないですね。
共働きの妻は様々な角度からもたいへんです。

ビュッフェスタイルなどで、いまだに妻に取ってこさせるという、いわゆる偉そうな夫を見かけることがありますが、どうにかなりませんかね~自分でいきなさいっ。

これからの若い共働き夫婦は、働き方とともに家事分担の在り方も具体的につっこんだ話し合いが重要ですね。

2017年9月1日金曜日

BSフジ、プライムニュース。

30日のBSフジのプライムニュース後半で、今なお米国で問題となっている白人至上主義について議論されていました。

コメンテーターは3人。
代議士の辻 清人氏、ジャーナリストのモーリーロバートソン氏、元財務官僚で弁護士の山口真由氏のお三方。

いい番組でした。
お三方とも教養があり自分の言葉で話されていました。

やはり、コメンテーターが有能だと議論が成り立つというか、有意義でしたね。

この中でも山口真由氏は東京大学法学部首席卒業らしく財務省・主税局へ入省。
やはり合わなかったんでしょうね~2年で退官。

その後、ハーバード、東京大学大学院でまだ勉強するん???って感じで・・・
執筆にテレビ出演とマルチな活躍。

女性が社会で活躍のためになんて言われて久しいですが、そんなんこの方には関係なくハンパない才能に満ち溢れていました。

テーマは、白人至上主義。
私が小さいころ「ルーツ」という米国のテレビドラマが放映されていました。

アフリカから強制的に米国に連れてこられた黒人が奴隷制度から解放され自由を勝ち取っていくドラマでした。
この時、南部ではKKKという秘密結社があり黒人を追い込んでいくシーンが思い出されます。

このKKKと現在の白人至上主義の関係や白人という概念自体の変化など、とてもわかりやすく納得させられました。

通常の民法より内容がとても濃く、すごく良かったです~
皆さん良かったら、ネットで見てください。

2017年8月31日木曜日

土地購入例での1例。

皆様が土地を買って賃貸を考える時、都市計画法や建築基準法などの最低限の大枠を把握するようにしたいです。

事前にその道の専門家に相談しておくべきですね。
もちろん、私でもお役にたてると思います。

土地を購入された後に私にプランをご依頼いただきました、こんなケースに直面しています。

その敷地は県道に接面しているように見えます。
しかし、県道と敷地の間に県の所有地がありました。

こうなると通行許可はもらえて接面は取れても、排水管埋設はできません。

さらにこの敷地には、もう1か所ほんの少し裏の小道、いわゆる2項道路という幅員2mほどの道路に9m程度面していました。
そうしますと、道路中心後退が必要になるのですが、購入した時から高い擁壁が道路境界に築かれていました。

そうなんです、この違反している擁壁を解体して道路中心後退したところに新たに擁壁を築かなければ確認申請が下りてきません。

大家さんとしては、この擁壁が違反しているとは気づかず購入されているので、がっかりだと思います。

とにかく、しっかり事前調査して建築以外にかかる概算費用の把握をしてからがお勧めです。
水位や排水先に水利組合費、給水管の太さとかで全く費用が変わってきますのでね~

2017年8月30日水曜日

緊急速報、Jアラート。

Jアラートを巡って様々な意見が出てきましたね。
例によってホリエモンさんは、こんなものいらないと言って、またまた話題を振りまいております。

朝堂院大覚総裁によれば、ミサイル発射が5時57分、Jアラート発信が6時4分、着弾が6時5分では意味がないのではとユーチューブで言っておられました。

つまり、必要か必要でないかをおいておいても・・・これでは間に合わないですよね。

終戦日が近づくと、もう二度と戦争は起こしてはならないという番組や団体の活動等々が見られます。
大切な活動だと認識していますが、その活動だけでは結局どうにもならない現実があります。

こんな時こそ、冷静さが必要です。
単純に国防費の増大は致し方がないという、一般庶民の風潮が一番いけない。

韓国は合同軍事演習をひとまず延期を米国に提案したらしいが、これを米国が却下。
北朝鮮は米国の動きに合わせるかのように、ミサイルを打っています。

日本も韓国も自国の主張は全く効かない、すべては米国の戦略通りに動いています。
また、日本の中にも通じているものがいるのでしょう。
自作自演が常套手段の連中に、そのまま何もできないというのが・・・なんとも歯がゆいと感じますね。

ミサイルが陸に着弾して戦争になることはありません。
冷静にこのあとの変化項目を見ていきましょう。
それらのためにやっていることですから。

2017年8月29日火曜日

ひよっこが中止。

北朝鮮のミサイル発射で、毎朝見ているNHK朝ドラ「ひよっこ」が中止になって、ミサイル関連ニュースになっていました。

今まででも日本上空を飛び越して太平洋に落ちたこともあるのになぜでしょう。

ってか、迎撃ミサイルをなぜ打たないのでしょうか。
そもそも、それって当たるのでしょうか。

先日、徳島に講演で来ていたホリエモンさんが迎撃ミサイルなどは意味がないと以前テレビでコメントしていましたが、皆さんどう受け止めておられますか???

日本の危機が高まったとすれば、なぜ円高なのでしょう。
韓国はなぜ株安・ウォン安なのでしょう。

有事の際、金(ゴールド)に投資が集まるのは理解できるのですけど。
アナリストたちの話を聞いても余計にわかりません(笑)
誰か教えてほしいです~

2017年8月28日月曜日

5年後の新築着工戸数。

住宅建材の大手リクシルグループ社長は、5年後に新築着工戸数が65万戸の可能性もあると言及しています。

新築着工戸数は、現在年間約100万戸もある訳ですから、これが65万戸になれば新築供給会社のうち半分は必要なくなり、それらに供給している大手建材メーカーも売り上げに大きく影響してしまいます。
そのため、リフォーム市場を建材供給側から活性化しようという試みですね。
欧米では、新築1に対してリフォーム3ぐらいですが、日本は新築2に対してリフォームが1となっている。
新築がドンドン減少してもリフォーム市場が増加すれば売り上げが持続できる。

リフォームが増えない理由に新築の方が効率がいいので職人たちがそちらに食われてしまうとありますが、これらとは別に高度成長期に質より数を優先してきた背景もあると思います。

質が低い住宅をリフォームするにはコストがかかるし、根本的な性能を引き出すのにはどうしても新築になってしまうなどのケースもあるでしょう。

今、供給されている住宅は、高度成長期に供給されていた住宅よりはるか性能は高いです。これらは十分リフォームでやっていけると思います。

さらに日本の場合は、世界でも珍しく新築業者とリフォーム業者が違うケースがほとんど。
ドイツなどでは新築業者がすべてリフォームをするのでリフォーム業者が存在しないというのを聞いたことがあります。
リフォーム市場の拡大には、ここの改革も必要でしょう。

これらを少しずつ、世界標準にしていくのは大賛成ですね。

2017年8月26日土曜日

ホンダの小型ジェット機~

2017年の上半期でホンダの小型ジェット機が世界首位になったと地元紙で報じられています。
記事には主翼の上にエンジンを載せたデザインが特徴とあります。

故本田宗一郎さんは、いつも他社と何が違うのかというのを技術スタッフに要求していました。

通常、小型ジェットの場合エンジンを胴体に取り付けているケースが多く、これだと機内の空間がかなり狭くなります。

ホンダの開発スタッフはこの機内の空間を広くするため、翼の上にエンジンを載せるという冒険の開発に乗り出しました。
他社は、当初上手くいかないと見ていたようですが。

しかし、そこはホンダ・・・コストや飛行時の安定など長年に渡って研究し、ついに成功。
このリスクの高い開発費を捻出する情熱こそホンダイズムなのでしょうね。

発売後は燃費・機能性・コストに安全面が評価されたのでしょう。
高度成長期に出てきた、スーパーカブと理念は同じだと思います。

本田宗一郎さん亡きこのあと、この理念は受け継がれるのでしょうか???
また、ソニー魂のように薄くなっていってしまうのでしょうか。
松下さんの存在も薄くなっていく中、心配です。