2015年12月28日月曜日

耐震性を考慮したスキップフロア構造。

2007年以降スキップフロアを供給していく中で、お客様より「耐震性は大丈夫ですか ?」とよく聞かれました。SKIP HOUSE&PIT HOUSE とも耐震上全く問題ありませんが、なぜそういう風潮があったのかを今回ご案内します。

それはスキップする段差と構造の関係にあります。
以下の図を見てください。即席で作ったのでクオリティーは低いですが・・・
部屋と部屋に段差が生じたとき、梁の高さも段差になると耐震上水平方向に弱くなります。
SKIP HOUSEもPIT HOUSEも以下の通り、一般住宅と同じ梁と柱の関係にあります。
スキップルームやピットルームを確保するため、一般には3mの柱を使いますが4mの柱を使っています。その分、柱は太くなり4寸角を使用します。耐震上もっとも重要な筋交いという耐力壁も間隔を広げるなどして通常の住宅構造を基本とした安心工法で建てられています。